海外に向けて紹介したい日本の出版物を集約したコンテンツカタログです。
IDを登録すると、次のことができるようになります。

言語別版許諾情報の閲覧
言語別版許諾情報の
閲覧
その他特別な商品情報の閲覧
その他特別な商品情報
の閲覧
お問い合わせの送信
お問い合わせの送信

株式会社KADOKAWA

君が最後に遺した歌

映像化希望作品
一条 岬(著者)/Koichi(写真)

※ログイン後に開示されます。(ID登録の上ログインください)

許諾済み言語

特記事項

お問い合わせ

あらすじ

田舎町で祖父母と三人暮らし。唯一の趣味である詩作にふけりながら、僕の一生は平凡なものになるはずだった。ところがある時、僕の秘かな趣味を知ったクラスメイトの遠坂綾音に「一緒に歌を作ってほしい」と頼まれたことで、その人生は一変する。“ある事情”から歌詞が書けない彼女に代わり、僕が詞を書き彼女が歌う。そうして四季を過ごす中で、僕は彼女からたくさんの宝物を受け取るのだが…。時を経ても遺り続ける、大切な宝物を綴った感動の物語。

著者紹介

「今夜、世界からこの恋が消えても」で第26回電撃小説大賞《メディアワークス文庫賞》を受賞しデビュー。「今夜、世界からこの恋が消えても」は2022年7月29日に実写映画が公開される。

シリーズ名 メディアワークス文庫
発行年月 2020年12月
本体価格 ¥630
サイズ・版型 文庫(105×148)
ページ数 288ページ
内カラーページ数 ---
ISBNコード ‎ 9784049133332
ジャンル 文庫/新書(一般文庫)
映像化・
メディアミックス実績
なし