• English
  • Japanese
海外に向けて紹介したい日本の出版物を集約したコンテンツカタログです。
IDを登録すると、次のことができるようになります。ID登録はこちら
言語別版許諾情報の閲覧
言語別版許諾情報の
閲覧
その他特別な商品情報の閲覧
その他特別な商品情報
の閲覧
お問い合わせの送信
お問い合わせの送信
人気のキーワードから探す >> 小説:一般、文学 グラフィックノベル / コミックブック / 漫画:スタイル / 伝統 一般読者向け医学と健康 子供向け/YA(ヤングアダルト)向け一般:芸術&芸術家 子供向け絵本 音楽:スタイル&ジャンル

東洋経済新報社 お気に入り

もしも突然、がんを告知されたとしたら。

※ログイン後に開示されます。(ID登録の上ログインください)

許諾済み言語

特記事項

お問い合わせ

あらすじ

不安や悩みは解決しないけれど、解消できる―。

この本は、5000人以上のがんを告知されて不安や悩みを抱えた患者と家族に対話を通じて寄り添う活動を続けている医師が、人生の困難に直面したときに、自分の生き方を見つめ直すきっかけをつかんでもらうことを願って書いた本です。読みやすい小説仕立てになっていますので、自分が、家族が、大切な人が、がんになって不安でたまらない気持ちになったとき、読んでもらいたい1冊です。

概要
5000人以上のがん患者と家族に寄り添ってきた医師が贈る、救済の書!不安や悩みでたまらない気持ちが軽くなる。

目次
ただ、横にいるだけでいい
生きているだけで、必ず誰かの役に立っている
なぜ、私ががんになった?
好きで不良息子になったわけじゃない
病気になっても、病人になってはいけない
今は嵐の毎日でも、いつか必ず凪の日が来る
「寂しい」という言葉が孤独を癒す
医者が、がんになって気づいたこと
正論よりも配慮のほうが大切
人と人が出会えば対立することもある
がんになったことを妻に言わない理由
人には「死ぬ」という最後の仕事が残っている
今の君はもう大丈夫

著者紹介

樋野 興夫  【著】
ひの おきお

順天堂大学名誉教授、新渡戸稲造記念センター長、恵泉女学園理事長。1954年島根県生まれ。医学博士。癌研究会癌研究所、米国アインシュタイン医科大学肝臓研究センター、米国フォックスチェイスがんセンターなどを経て現職。2002年癌研究会学術賞、2003年高松宮妃癌研究基金学術賞、2004年新渡戸・南原賞、2018年朝日がん大賞、長與又郎賞。2008年順天堂医院に開設された医療現場とがん患者の隙間を埋める「がん哲学外来」が評判を呼び、翌年「NPO法人がん哲学外来」を設立し、理事長に就任。これまで5000人以上のがん患者と家族に寄り添い生きる希望を与えてきた。その活動は「がん哲学カフェ」として全国各地に広がっている。著書に、『がん哲学外来へようこそ』(新潮社)、『明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい』(幻冬舎)、『生きがいに気づく、いい言葉』(PHP研究所)などがある。

シリーズ名 ---
発行年月 2023年4月
本体価格 ¥1,400
サイズ・版型 その他
ページ数 224ページ
内カラーページ数 ---
ISBNコード 9784492047309
ジャンル 文芸・文庫 > その他
映像化・
メディアミックス実績
なし
;