海外に向けて紹介したい日本の出版物を集約したコンテンツカタログです。
IDを登録すると、次のことができるようになります。

言語別版許諾情報の閲覧
言語別版許諾情報の
閲覧
その他特別な商品情報の閲覧
その他特別な商品情報
の閲覧
お問い合わせの送信
お問い合わせの送信

徳間書店

ノッキンオン・ロックドドア

映像化希望作品
青崎 有吾

※ログイン後に開示されます。(ID登録の上ログインください)

許諾済み言語

特記事項

お問い合わせ

あらすじ

インターホンもドアチャイムもノッカーもない探偵事務所「ノッキンオン・ロックドドア」。
戸惑うようなノックの音なら、謎を抱えた依頼人がやってきたしるしだ。
密室、容疑者全員アリバイあり、衆人環視の毒殺など、<不可能・HOW>な状況のトリックを推理する御殿場倒理(ごてんばとうり)と、ダイイングメッセージ、現場に残された不自然なもの、被害者の着衣など<不可解・WHY>な状況から理由や動機を解明する片無氷雨(かたなしひさめ)。相棒かつライバルのダブル探偵が、難事件に挑む!

著者紹介

1991年神奈川県横浜市生まれ。明治大学卒業。2012年『体育館の殺人』で第22回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。『水族館の殺人』が第14回ミステリ大賞候補作となる。他の著書に、『アンデッドガール・マーダーファルス』、『図書館の殺人』、『早朝始発の殺風景』などがある。

シリーズ名 ---
発行年月 2019年3月
本体価格 ¥660
サイズ・版型 文庫(105×148)
ページ数 ---
内カラーページ数 ---
ISBNコード 9784198944469
ジャンル 文芸/教養/人文
映像化・
メディアミックス実績
なし