• English
  • Japanese
海外に向けて紹介したい日本の出版物を集約したコンテンツカタログです。
IDを登録すると、次のことができるようになります。ID登録はこちら
言語別版許諾情報の閲覧
言語別版許諾情報の
閲覧
その他特別な商品情報の閲覧
その他特別な商品情報
の閲覧
お問い合わせの送信
お問い合わせの送信
人気のキーワードから探す >> グラフィックノベル / コミックブック / 漫画:スタイル / 伝統 子供向け/YA(ヤングアダルト)向け一般:芸術&芸術家 小説:一般、文学 子供向け絵本 一般読者向け医学と健康 公衆衛生&予防医学

あさ出版 お気に入り

自分をもっと大切に: 91歳現役産婦人科医が「医師として」「人生の先輩として」伝えたいこと

堀口 雅子

※ログイン後に開示されます。(ID登録の上ログインください)

許諾済み言語

特記事項

お問い合わせ

あらすじ

今年(2021年)91歳を迎えた現役産婦人科医による女性エッセイ。「女だから」という理由で、何度も何度も自分が望む道が阻まれそうになりながらも、「前例がないなら開拓していく。私の人生はその連続だった」という著者。

 医師としての知識と、一人の女性としての体験をもとに、思春期特有の悩みや、月経にまつわる悩み、仕事や家庭のこと、妊娠や出産への不安、子育てにまつわる葛藤、さらには更年期の苦しみなどを抱える女性たちに寄り添い続けて60年強。
 まだ、女性医師が少ない時代に医師になったからこそ、それが産婦人科医としての自分の役目だと思って、患者さんたちに接してきたといいます。
 そして、働く女性、働くママのさきがけでもありました。

 産婦人科医として、あるいは働く女性、働くママなどの人生の先輩として、体や心に不調を抱える現代の女性たちに伝えたいと思うことをまとめた1冊。

著者紹介

堀口 雅子
産婦人科医。1930年東京生まれ。東洋永(英)和高等女学校在籍中の15歳のときに終戦をむかえる。
東京薬学専門学校女子部に進学し、薬剤師となり、東京大学にてホルモンの研究を始める。女性と男性の違いを生物学的に研究する中、「やはり医師になりたい」と思い、群馬大学医学部に進学。卒業後、女性で初めて、東京大学医学部産科婦人科に入局。虎の門病院、女性成人病クリニックなどにつとめた。夫の貞夫氏も産婦人科で元愛育病院院長。

シリーズ名 ---
発行年月 2021年3月
本体価格 ¥1,300
サイズ・版型 四六判(127×188)
ページ数 168ページ
内カラーページ数 ---
ISBNコード 9784866672632
ジャンル 人文・教養・教育 > エッセイ
映像化・
メディアミックス実績
なし
;