海外に向けて紹介したい日本の出版物を集約したコンテンツカタログです。
IDを登録すると、次のことができるようになります。

言語別版許諾情報の閲覧
言語別版許諾情報の
閲覧
その他特別な商品情報の閲覧
その他特別な商品情報
の閲覧
お問い合わせの送信
お問い合わせの送信

株式会社くもん出版

小さな小さなウイルスの大きなはなし

映像化希望作品
伊沢 尚子(文)/坂井 治(絵)/中屋敷 均(監修)

※ログイン後に開示されます。(ID登録の上ログインください)

許諾済み言語

特記事項

お問い合わせ

あらすじ

「ウイルスってなに?」に一番わかりやすくこたえる科学絵本!
ウイルスってなに?どのくらい小さいの?どこにいるの?どうやってふえるの?新しいウイルスって…? ウイルスに関する素朴な疑問にこたえながら、ヒトとウイルス、ウイルスと生命の関係にもせまっていく科学絵本です。「大きな」目線でとらえれば、ウイルスの見かたがきっと変わります。
・コロナ禍をきっかけに、ウイルス全般について知りたい、考えたいと思っている親子に。教室や図書館での読み聞かせにもおすすめです。
・身近な環境にいるウイルスがわかる、観音開きのページつき!

サイズ:266×216mm

著者紹介

伊沢尚子/東京都出身。千葉大学園芸学部卒業。体験を通して科学の楽しさを伝えるサイエンスライター。著書に『カビのふしぎ 調べよう』『カビのふしぎ 実験しよう』(汐文社)、『バナナの はなし』『はからはじまるカルシウムのはなし』(福音館書店)など。
坂井治/埼玉県出身。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。アニメーション・イラストレーション・絵本など様々な創作活動をしている。主な仕事に、国立科学博物館「地球史ナビゲーター」映像演出、絵本『13800000000ねんきみのたび』(光文社)など。株式会社ロボット所属。

シリーズ名 ---
発行年月 2021年3月
本体価格 ¥1,400
サイズ・版型 A4判(210×297)
ページ数 32ページ
内カラーページ数 32ページ
ISBNコード 9784774332178
ジャンル 児童書/絵本
映像化・
メディアミックス実績
なし