• English
  • Japanese
海外に向けて紹介したい日本の出版物を集約したコンテンツカタログです。
IDを登録すると、次のことができるようになります。ID登録はこちら
言語別版許諾情報の閲覧
言語別版許諾情報の
閲覧
その他特別な商品情報の閲覧
その他特別な商品情報
の閲覧
お問い合わせの送信
お問い合わせの送信
人気のキーワードから探す >> グラフィックノベル / コミックブック / 漫画:スタイル / 伝統 小説:一般、文学 子供向け絵本 子供向け/YA(ヤングアダルト)向け一般:芸術&芸術家 一般読者向け医学と健康 経営

佼成出版社 お気に入り

構築された仏教思想 覚鑁  内観の聖者・即身成仏の実現

白石凌海/白石凌海

※ログイン後に開示されます。(ID登録の上ログインください)

許諾済み言語

特記事項

お問い合わせ

あらすじ

覚鑁(かくばん、1095~1144)は、平安時代後期の真言宗中興の祖にして新義真言宗始祖です。平安時代後期に隆盛する浄土思想を、真言教学においていかに捉えるかを理論化した「密厳浄土」思想を唱え、「密教的浄土教」を大成します。西方浄土にいます阿弥陀如来は、真言教主大日如来という全ての仏徳を備えた仏から生まれた尊であるとしました。日本密教を学ぶうえで非常に重要な覚鑁思想ですが、これまで一般学徒向けにはあまり解き明かされてきませんでした。空思想を表した『月輪観(がちりんかん)』の編者であり、また日本に五輪塔が普及するきっかけとなった『五輪九字明秘密釈』の著者でもある覚鑁の生涯と教えを知るための初の啓蒙書といえましょう。

著者紹介

1948年群馬県生まれ。中央大学卒業。大正大学大学院博士課程修了後、デリー大学へ留学、ph.D取得。専攻はインド哲学、仏教学。真言宗豊山派綜合研究院現代教化研究所指導教授・正泉寺住職。著書・訳書に『仏陀を歩く―誕生から涅槃への道』『仏陀 南伝の旅』『維摩経の世界』(ともに講談社)、『インド 死を生きる』『インド 輪廻に生きる』(ともに明石書店)、『即身成仏への情熱 覚鑁上人伝』『五輪九字明秘密釈の研究』(翻訳 ともにノンブル社)など。/

シリーズ名 構築された仏教思想
発行年月 2021年12月
本体価格 ¥1,600
サイズ・版型 B6判(128×182)
ページ数 204ページ
内カラーページ数 ---
ISBNコード 9784333028603
ジャンル 人文・教養・教育 > 文化・宗教
映像化・
メディアミックス実績
なし
;